住まいのお役立ちノウハウ・トップページ > 防犯をする

2013年12月24日 (火)

防犯生活のポイントその②~貴重品の隠し場所~

泥棒は侵入したらどんな行動をとるの?

ドロボウが侵入し、家の中を「物色」する時間で多いのは、5~15分以内です。また、泥棒が侵入して必ず物色するところはダンスです。泥棒も常習になってくると下の引き出しから順に物色していきます。上の引き出しから物色すると下の引き出しを物色するのに閉めないといけないからです。それだけ時間を短縮することを考えています。冷蔵庫や仏壇は安心のように思えますが物色箇所として含まれています。

 

1351

 

家の中でどんな対策をとればいいの?

ちょっとした買い物や、ゴミ出し程度でも必ず鍵をかけるようにしましょう。ちょっとのつもりで外出しても、知人に会って15分以上立ち話することはありませんか?気をつけましょう。泥棒は15分で犯行を終えてしまいます。通帳や印鑑などの貴重品をしまう場所も、よく探される可能性のある机、冷蔵庫、仏壇、押入れ、衣類のポケット、鏡台、サイドボード、食器棚、たんす、かばん類は避けましょう。見つけづらければあきらめる可能性は高いのです。また、定期的に変えることも効果的です。


あわせて読みたい−関連記事−